閉塾作業に取り掛かる

今日は、閉塾作業に取り掛かりました。机や椅子はレンタル倉庫を借りることを検討しましたが、維持費が嵩むのが難点です。ですので、処分して身を軽くしたほうが楽だなと考えました。

閉塾作業は生徒の1人に手伝ってもらいました。私の最初の生徒であり、いろいろ塾の活動の手助けをしてもらいました。彼女なしでは最初の段階で塾を続けることを諦めていたかもしれないので、そういう意味では恩人です。

私が今までありがとうというと泣いていまい、女の子はよく泣くなと思いました。男の子ならこういった場面で泣くことはないでしょう。

同時に、この塾が無くなることで泣いてくれる子が一人でもいる事実に、嬉しいことだなとも思いました。重ねて泣いてくれてありがとうといって頭をなでたら更に泣いていました。

帰りにお礼としてピザでも頼もうといったら、大丈夫なの?といわれましたが、割引クーポンがあるから大丈夫と答えたら、先生らしいと言われました。

注文が届き、ピザとコーラを食べながら、開業当時生徒が誰もいなかったときのことをお互いずっと話しました。私は同僚と楽しくお酒を飲むという経験はほとんどないのですが、こんな感じなのかもしれません。

閉塾はショックですが、塾を開いてよかったなと思う事ができたので+の経験だったのでしょう。

↓↓よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
 

⇩⇩よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

月3万円でくらしている塾講師