バイト先で年下の女性に怒鳴られ続ける 

日雇い

どうも私です。生活のために日雇いバイトにいってきました。時給は1300円なので高賃金といえましょう。

職場は飲食店で仕事内容は調理補助や皿洗いなどの雑用でした。車通勤オーケーでしたが、私は車を持っていないので自転車を漕いで気合で辿り着きました。

目的地にたどり着き入店し、挨拶するとお店のご主人が感じよく接してくれたので、これは当たり職場だと心の中でガッツポーズです。

しかしながら、私を指導したのはご主人ではなく、30代くらいの女性でした。彼女の顔を見た瞬間悟りました。これは外れ職場になる可能性大だと。

人の性格は顔に出ますし、彼女の顔はドぎつい。髪型はベリーショート、眉間にシワをよせています。この世のストレスを一身に背負っているような表情をみて私はお金いらないから家に帰してと心の中で叫びました。

彼女の指示は短く命令形。あれやって!あっち手伝って!ととにかく語尾に!がつきます。とにかく言われたことだけをやっていようと肝に銘じて動くことにします。

しかしながら手を空いたらぼーっとせずに何か仕事しろと言われたので、仕事を見つけて動くと、そんなのやらなくていいから!と罵声が浴びます。

それならなにをやればいいんですかと聞くと、自分で考えて!こっち忙しいでしょ!と話しになりませんでした。

言われたことをやったらそんなことやらないでといわれ、言われていないことをやろうとしたら余計なことをするなといわれるのですからどうしょうもない。

ようやく休憩になりご飯の時間です。賄いは美味しかったのですが、ここでも怒られました。おかわり自由なので、遠慮なくおかわりしたところ嫌味を言われたのです。

まぁそれでも飯が無料なら食べなきゃ損ということで、更におかわりしたところそのときは溜息をつかれただけで何も言われませんでした。

更におかわりしたときはこいつ頭おかしいだろうという目でみられました。

その後はなんとかコツを掴んで怒らないように立ち回ることだけに専念したので、後半は前半の半分くらいの怒られ度です。

それでも10,000円稼ぐことができたのは素直に嬉しい。ポイ活は一カ月弱で1,600円ですからね。

労働が終われば上下関係はなくなるので、帰り際に挨拶がてら〇〇さんはいつも怒鳴っているので顔にもろに出ていますね、老けるのが早くなりますよと言ったら般若みたいな顔になったので、返事をまたずすぐに帰りました。

その場で終わる人間関係ならモヤモヤをためこんではダメなんですよね。なんとか一言いえたのすっきりしました。

帰り道、私は1万円を稼いだ男だぞ!とすれ違う通行人に心の中で話しかけながら自転車を漕ぎました。

こんな感じで4日程度働けば一月の生活費が捻出できるのですが、なかなか大変です。

↓↓よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
 

⇩⇩よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

日雇い
月3万円でくらしている塾講師