これで終身刑は重すぎるのではないか

その他

 

6人の少年が軽い気持ちで行なったイタズラが思わぬ結果に…。結果的に3人の命が失われ、加害者の男は仮釈放の可能性のない終身刑という判決を受けた。

 有名な子どもの”イタズラ”のひとつであるピンポンダッシュ。英語では「Door Bell Ditch」や「Ding Dong Ditch」、「Ding Dong Dash」など色々な呼び方があるイタズラなのだが、そのピンポンダッシュを行った10代の少年らが悲惨な結末を迎えてしまった事件で、45歳の男に仮釈放の可能性のない終身刑という判決が下った。

 2020年1月、お泊り会の最中に「ピンポンダッシュしよう」ということで盛り上がり、プリウスに乗って出かけていた6人の少年グループは、カリフォルニア州リバーサイド郡テメスカルバレーにある住宅でピンポンダッシュを行なった。本人たちは軽いイタズラのつもりだったろうが、この悪ふざけが重大な結果を招いてしまう。

ピンポンダッシュをされた45歳の男は、13~18歳の少年グループが乗ったプリウスをインフィニティ・Q50で執拗に追跡。最終的には99マイル(約160キロ)の速度まで加速したカーチェイスの中でインフィニティ・Q50による2度の追突を受けたプリウスは、最後には道を外れ、木や電柱に衝突してしまった。

 この事故により、車に乗っていた少年6人のうち3人が負傷し、16歳の3人が死亡。検察の発表によると、加害者の車は事故後に大破したプリウスの横を通り過ぎたが、「ケガに気付かなかった」として救助は呼ばなかったという。

 3人の少年を死に至らしめた男は今年4月に3件の第一級殺人と3件の殺人未遂で有罪判決を受け、7月14日、仮釈放の可能性のない終身刑という判決を言い渡された。リバーサイド郡地方検察局のマイク・ヘストリン地方検事は、仮釈放の可能性のない終身刑という今回の判決は、この事件に対する最も重い判決であると述べた。

 死亡した少年の父親は陳述書で、「私たちは毎日、息子がいなくなったということを実感している。息子の命が奪われたことで私たちの心や人生に空いた穴は信じがたいものだ」と悲痛な心境を語った。

どうも私です。ピンポンダッシュに怒った男性が、少年グループをカーチェイスで死亡させた結果、終身刑の判決が下った記事を見ました。

懲役刑はしょうがないにせよ、終身刑は重すぎる。何の罪のない子供達ならともかく、原因を作ったのはこの少年グループです。

たかがピンポンダッシュという人も多いですが、腹が立ちますよね。彼らが何もしなければこの事件は起きなかった。

ですので、亡くなった子供達より終身刑になった男に同情してしまいます。いたずらとかやんちゃとかそんな言葉の下で行われることってやられたほうはたまったもんじゃないんですよ。

いたずらだからあんなに怒るのはおかしいとかいう人間は、毎晩深夜にピンポンダッシュされればいいと思います。その際は軽いいたずらだからしょうがないわと流してほしい。

いじりやいたずらは、自分が気持ちよくなるために相手を不快にしているという自覚を持つべきです。

いじりと称して暴言を放つ輩は自分のことをいじられたら怒り出しますからね。自己中で幼稚な人間に絡まれるのはストレス以外の何者でもない。

いじられたらすぐに相手が最もダメージを受けそうなことを言い、いじりなんだから怒るなとちゃんと反撃しておくべきですね。

話しを戻すと誰にも迷惑をかけないから、自分に迷惑をかけるな、ただ静かに過ごしたいだけなんだという人間が世の中には一定数いるんです。

静かな環境を乱されたことによる怒りの爆発を異常者の暴発と捉えるのは偏った見方だと思います。見知らぬ他人の家のインターホンが死に繋がっていた……童話にして教訓にするべき話ですね。

食事

朝 食パン 目玉焼き コーヒー
昼 無糖紅茶
夜 銀座カリーカツカレー

食費 382円

銀座カリーでカツカレーを作りました。銀座とカツが合わさりブルジョア極まりといった感じです。

↓↓よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
 

⇩⇩よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

その他
月3万円でくらしている塾講師