介護について話し合うことになりました

どうも私です。先日姉に呼び出されて親族の集まりに一緒に出て欲しいと言われました。言われた瞬間、神妙な顔をしつつ知恵を振り絞りながら断る方法を考えていた所、姉に(断る選択肢は)ないからね強制だからと追い打ちをかけられました。

私の生活において数少ない良い所といえば、親族との煩わしい付き合いがないところだったのに、それもなくなったようです。

姉がいうには義兄一家に介護問題が発生し、話し合いのために席を設けるとのことでした。義兄さんがいるのになぜ私が出なければいけないのか?と聞くと、仕事で忙しいということです。

義兄は1年365日中363日働いているほど社畜なので、まぁそうなんだろうなと思いました。そのおかげで私はいろいろ恩恵を被ってきましたが、ツケを払うときがきたようです。

世の中本質的に無料(タダ)というものはないのだなと思いました。

それでも何故私が今になって一度も会ったことのない義兄一家の集まりに顔を出さないといけないのか?という疑問を姉にぶつけます。

姉がいうには義姉が苦手なようです。義兄の姉は独身でそれなりの企業に勤めているそうで、姉は会うたびに嫌味をいわれる。

弟(義兄)のおかげで良い生活できているとか、自分が高卒であることを馬鹿にしてくるとか、そういった嫌味を遠回しにネチネチ毎回いってくると。

この義姉に対抗するために援軍として私を連れていきたいそうです。
とはいえ、無職で高卒の私を連れて行ってもまとめて馬鹿にされるだけではないか?と思いました。

姉はとりあえず学習塾経営していることにしといてと言いました。学習塾経営といっても社会的地位は低いよというと、義姉には学歴信仰がある、あんたは義姉よりいい大学入ってるし、自分より勉強できそうな人間を相手にすると弱気になるからとのことです。

そうはいっても私は大学中退しているから高卒だよというと、そんなの言わなくていいからと言われました。

つまり、義兄一家で発生した介護問題において、自分が貧乏くじをひかないよう助力してほしいということです。

言葉の節々から分かったことは、どうやら姉は義兄一家において立場が弱いようで、親族付き合いというのは大変だなと感じました。

結婚が破綻した私にとって身内といえる人間は姉と姪二人しかいません。ものすごく気分が滅入りますが、姉のために頑張らなければならないと思いました。

↓↓よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
 

⇩⇩よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

その他